【秋季限定】宮城の絶品グルメ はらこ飯

はらこ飯

はらこ飯とは

はらこ飯とは、炊いたご飯の上に秋鮭とイクラをのせた、宮城県亘理町の郷土料理です。
その歴史は長く、江戸時代に仙台領主 伊達政宗が亘理町を視察で訪れた際に献上され、気に入ったことから発展したと言われています。
はらこ飯に使われる「秋鮭」は、秋〜冬にしか水揚げされないため、1年でも限られた時期にしか味わうことができません。

秋鮭の美味しさを丸ごと味わえる逸品です

鮭の炊き込みごはん

鮭の身は、醤油やみりんをベースにしたタレでふっくら仕上がるように炊き上げます。
さらに、鮭を煮た旨味たっぷりの煮汁でお米を炊き上げるので、鮭の美味しさを余すことなく味わえます。
いくら

それだけでも十分美味しいのですが、贅沢にも、じっくりタレに漬け込んだイクラをたっぷり乗せて、はらこ飯は完成します。

仙台市内でもご提供しています



「はらこ飯」は宮城県亘理町の郷土料理ですが、仙台市内にある杜の市場「山神山人」でもご提供しています。
香ばしい醤油の香りと、イクラのプチっと弾ける口当たり・ふっくら食感の鮭がたまらない、宮城の秋の風物詩です。
ぜひ、この機会をお見逃しのないよう、ご賞味ください。

< お値段 >
はらこ飯・・・1杯 1,080円(税込)

プラス300円(税込)でイクラを増量できます

お問い合わせ先 山神山人
TEL 022-231-8553